使い始め3カ月以内にできやすい「痛み止め」「解熱剤」潰瘍に要注意

日刊ゲンダイDIGITAL / 2019年12月11日 9時26分

【内視鏡医が見た12月の胃袋】#2 さすがに12月ともなると朝晩の冷え込みが厳しくなってきます。それとともに関節や神経の痛みを訴える人が増えてきます。 寒いと痛みを感じるのは、低温では交感神経の働きが活発になって血管が収縮し虚血状態になり、発痛物質の蓄積が起こり、知覚神経が過敏になるからだといわれています。特にお年寄りは加齢とともに副交感神経の働きが弱くなり、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング