JXTG HD→ENEOS HDへの社名変更で子会社の売却観測が急浮上

日刊ゲンダイDIGITAL / 2019年12月12日 9時26分

「伝統の『日本石油』再興に向けた布石では」。エネルギー業界関係者の間ではこんな見方も広がる。 石油元売り国内最大手、JXTGホールディングス(HD)が来年6月に「ENEOS」HDへの商号変更を決めた。石油の精製販売を担う傘下の中核子会社、JXTGエネルギーも社名をENEOSに変える。ガソリンスタンド(SS)などで使われている知名度の高いブランドを社名に取り込んで新規事業の創出・育成などに生かす。 ブランド統一に合わせてグループの運営体制も見直す。現在は社外取締役などを除くとHDとJXTGエネルギーとの間で役員の兼任などはほとんどないが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング