すでにインフル流行期に突入…今からでもワクチンを打つべき?

日刊ゲンダイDIGITAL / 2019年12月13日 9時26分

ちょっと古い調査だが、2000~01年から10~11年シーズンの計11シーズンにわたるインフルエンザワクチンの接種率は、全体で38・6%。医療関係者など「ワクチン接種を率先して行っている」という人も含むわけで、そうではない“一般ピープル”に限定すると、もっと接種率は低くなるかもしれない。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング