元阪急・高井保弘氏死去 代打HR世界記録生んだ5冊のノート

日刊ゲンダイDIGITAL / 2019年12月15日 9時26分

世界一の代打が天国に旅立った。 13日、元阪急の高井保弘氏が腎不全のため、西宮市内の病院で死去。享年74だった。 愛媛県出身の高井氏は今治西を卒業後、名古屋日産モーターを経て、1964年に阪急入り。二軍では首位打者、打点王、本塁打王などを獲得するも、一軍にはなかなか呼ばれなかった。それでも控えとして活路を見いだし、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング