写真

相場は乱高下(C)日刊ゲンダイ

年明け以降、株式市場は大波乱となっている。 米国とイランの衝突でリスクオフの流れが加速し、世界中で株価が急落した。そうかと思えば、両国の衝突回避の思惑からNYダウが高値を更新。日経平均も一気に500円下がったあとに、今度は500円近く上昇と、激しい乱高下に見舞われている。 「中東情勢は年初に比べて落ち着いてきた感じがしますが予断を許しません。市場は警戒ムードを崩していません。ただ、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング