月収100万円…闇営業問題発端・カラテカ入江の意外な日常

日刊ゲンダイDIGITAL / 2020年1月18日 9時26分

【ギョーカイ“マル秘”雑記帳】 いまだ尾を引く「闇営業問題」。きっかけとなったカラテカの入江慎也(42)は吉本興業から契約を解除され、芸能界から離れたものの「今も変わらずおごってくれる“いい先輩”」(後輩芸人)なのだという。 昨年の週刊女性の直撃取材には、清掃員のアルバイトを週6~7日と自身の会社・イリエコネクションのコンサル業をなりわいに、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング