厚底シューズで状況一変 実業団連合はマラソン日本記録「褒賞金1億円」払えるのか

日刊ゲンダイDIGITAL / 2020年1月22日 9時26分

今季の駅伝大会で記録ラッシュを生んでいる厚底シューズ。ソール内のカーボンファイバープレートが「不公平な補助」とされ、世界陸連が規制に乗り出す構えを見せているが、東京五輪マラソン代表の最後の切符を狙う選手にとっては、残り2つの選考レース(*注1)で厚底が履けるか、履けないかは雲泥の差だ。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング