妻へのDV容疑でもキャンプ参加 阪神が「守屋事件」で露呈した変わらぬ大甘体質

日刊ゲンダイDIGITAL / 2020年1月24日 15時0分

「そんな理屈、今の時代には通用しませんよ」 作家の吉川潮氏がこう憤る。 阪神の中継ぎ右腕・守屋功輝投手(26)が、妻への傷害容疑で兵庫県警から書類送検された一件。吉川氏がその拙さを指摘するのは、阪神球団の対応である。 23日発売の週刊文春が、2児の母である守屋の妻に対するDV、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング