写真

千恵夫人も祝福(徳勝龍の後ろ)/(C)共同通信社

五月人形のような童顔力士が、泣きに泣いた。 前頭17枚目の徳勝龍(33)が、2000年3月場所の貴闘力以来となる20年ぶりの幕尻優勝を果たした。26日の千秋楽、対戦相手は大関貴景勝。すでに2横綱は休場しているため、残った番付最上位力士と幕内最下位力士が結びの一番で激突という極めてまれな一戦となった。 ■大関破って男泣き 負ければ2敗の正代と優勝決定戦という一番。徳勝龍は貴景勝の突き押しをしのぐと得意の左四つになり、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング