ロッテ・佐々木朗希 コロナ禍に乗じて「5月開幕」一軍デビューも

日刊ゲンダイDIGITAL / 2020年3月28日 12時0分

ロッテのドラフト1位・佐々木朗希(18)が27日、プロ入り後初めて変化球を交えての打撃投手を務めた。 左の安田尚憲(20)と右の山口航輝(19)に対し、それぞれ20球ずつ。直球のみだった前回とは違い、この日はスライダー、フォークも投げた。直球の最速は156キロ。安打性の打球は2、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング