コロナ禍でトランプ相場は帳消し…大統領再選にも黄信号が

日刊ゲンダイDIGITAL / 2020年4月1日 9時26分

トランプ氏はカーター氏、ブッシュ(父)氏の“轍”を踏む可能性が高まっている。今秋(11月3日)の大統領選での敗北である。アメリカの大統領選では現職はほとんど負けない。敗れたのは株価低迷、および不況が主因である。 ちなみに、トランプ大統領が就任したのは3年前の2017年1月20日のこと。この日のNYダウは1万9827ドルだった。史上最高値は今年2月12日の2万9551ドルだ。約9720ドル、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング