コロナ禍でプロ野球とJリーグの年俸縮小が加速か…選手会も事態憂慮

日刊ゲンダイDIGITAL / 2020年4月8日 9時26分

借金苦と失業者が溢れかえる 深刻な問題である。 新型コロナウイルス感染拡大により、プロ野球とJリーグは公式戦の開幕、再開の見通しが全く立たない。予定されていた試合数(野球143試合、サッカーJ1・34試合)の縮小はもちろん、無観客での開催も検討せざるを得なくなっているのが現状だ。 そうなると球団経営は大打撃を被り、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング