写真

いきなり100%で、とラミレス監督は言うが…(C)日刊ゲンダイ

【権藤博の「奔放主義」】 6月19日開幕で動きだした今季のプロ野球は、例年の143試合制を短縮して120試合程度で覇権を争うことになる。 そこで、「あとで挽回するという考え方はよくない。開幕から100%で」とさっそく、スタートダッシュの重要性を強調したのがDeNAのラミレス監督(45)。短期シーズンで出遅れは命取りという認識は他球団の首脳陣にもあるようで、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング