マー君やダルは75%ダウンの6億円に…MLB年俸削減労使対決の行方

日刊ゲンダイDIGITAL / 2020年5月31日 9時26分

1994年8月から翌95年4月まで、メジャーリーグの232日間のストライキは「カネ持ちのケンカ」とファンをアキレさせた。 25年前の悪夢は繰り返されるのか。大リーグ機構(MLB)が提示した年俸削減案に、選手会側は怒り心頭だ。年俸が高い選手ほど減俸分が大きいこの案によれば、年俸25億円の田中(ヤンキース)や24億円のダルビッシュ(カブス)の年俸は6億円程度になる。7月4日開幕を目指すメジャーに暗雲と、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング