コロナ禍を利用した「マイナーリーガー大量解雇」の背景

日刊ゲンダイDIGITAL / 2020年6月2日 9時26分

【メジャーリーグ通信】 現在、マイナーリーガーの大量解雇が進行中で、最終的に解雇者は1100人前後になる見込みだ。 一部では、これをコロナ禍の影響と報じているが、そうではない。昨年秋にマンフレッド・コミッショナーが打ち出した2021年にマイナー球団を162から120に減らすという方針に沿ったもの。コロナ禍で今季マイナーリーグの試合がすべて中止になったことと、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング