新型コロナ感染の恐怖感 熱い鉄板の上で焼かれるようだった

日刊ゲンダイDIGITAL / 2020年6月2日 9時26分

【病の克服は患者に聞け】新型コロナ(4) 発熱を感じた4日後、検査を受けた都内の病院で「新型コロナウイルスに感染」と診断された。 東京・港区内に住む渡辺一誠さん(40=コンサルタント会社社長)は、診断された当日に緊急入院。個室の病床に伏せたまま、2日目、3日目と、出口が見えない壮絶な症状と闘うことになる。毎朝、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング