木更津総合・篠木健太郎 右腕とボールが一緒に吹っ飛んでいくかのような腕の振り

日刊ゲンダイDIGITAL / 2020年6月3日 9時26分

【甲子園中止に泣いた高校生ドラフト候補本当の実力】#7 篠木健太郎(木更津総合/投手) ◇◇◇ 1年春からベンチ入りし、細身の体から最速146キロをマークする伸びのあるストレートを繰り出す。縦のスライダー、フォークは同じような落差があり、球速も130キロ前半を計時するという。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング