委託費3000億円「Go To 利権」にちらつくパソナと竹中平蔵会長の影

日刊ゲンダイDIGITAL / 2020年6月6日 9時26分

とにかく腐臭の漂う「空前絶後」のコロナ対策。中でもキナ臭いのは、収束後の消費喚起策としてブチ上げた「GoToキャンペーン」だ。事業費1.7兆円の約2割、破格の事務委託費3095億円を上限に充てられた事業者の公募期間は、先月26日から今月8日までという短さ。委託先がすでに決まっているような怪しい背景には、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング