世界連盟に不祥事発覚…女子重量挙げ三宅宏実の金獲りに“ケガの功名”

日刊ゲンダイDIGITAL / 2020年6月6日 9時26分

古代五輪から実施される伝統競技に大スキャンダルである。 国際重量挙げ連盟(IWF)の独立調査委員会は4日、不正疑惑に関する報告書を公表。40件のドーピング違反隠蔽に加え、タマシュ・アヤン前会長(ハンガリー=4月に辞任)による横領と1040万ドル(約10億円)の使途不明金、役員改選時の買収などが明らかになった。報告書では同会長が長年にわたって恐怖政治を敷き、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング