前嶋和弘氏 人種差別問題はトランプの大きなダメージにはなっていない【注目の人 直撃インタビュー】

日刊ゲンダイDIGITAL / 2020年7月6日 9時26分

【注目の人直撃インタビュー】 上智大学教授・前嶋和弘氏(政治学者) トランプ米大統領は新型コロナウイルス禍で中断していた選挙集会を先月下旬、強行再開した。支持率下落への焦りがあるともいわれる。米大統領選まで4カ月。コロナ禍と人種差別抗議デモの拡大で局面は変わったのか。トランプ敗北もあり得るのか。アメリカ現代政治が専門の政治学者に現状をどう見ているのか聞いた。 ◇◇◇ ――コロナ禍と黒人差別反対の抗議デモで大統領選を取り巻く環境は変わったのでしょうか。 変わったところと、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング