日ハム中田は“膝爆弾”心配も…清宮ら若手伸び悩みで「4番」はまだまだ安泰

日刊ゲンダイDIGITAL / 2020年7月6日 10時50分

5日、日本ハムの中田翔(31)がベンチをヒヤリとさせた。 初回に適時打を打つなど、この日のソフトバンク戦は3打数2安打1打点の活躍だったが、栗山監督の表情がにわかに曇ったのは、五回無死一、二塁の場面だ。6番・大田の浅いフライを中堅の柳田が捕球すると、大きく飛び出していた二塁走者の中田は慌てて帰塁。つんのめって転倒し、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング