写真

ジーターも声を上げているが(C)ロイター/Abaca Press

【メジャーリーグ通信】 5月末の「ジョージ・フロイド事件」に始まった米国内での人種差別に対する抗議活動は、世界各地に波及しつつ、今もなお続いている。 大統領として「人種差別の一掃」や「人々の融和」を強調して事態を収束させることが期待されるドナルド・トランプは、抗議運動に反発する白人たちの行動を称賛したり、人々の分断を深めるような行動をとっている。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング