改ざんと過剰融資 年収200万円の若年層を狙ったアルヒとアプラスと悪徳手口

日刊ゲンダイDIGITAL / 2020年7月7日 9時26分

【経済ニュース深読み】 住宅ローン仲介大手のアルヒと、新生銀行系信販会社のアプラスが手掛けた投資用マンション融資で、かねて指摘されていた審査書類の改ざん、過剰な融資が引き出されていた疑惑を、金融庁が調査することになった。 報道が相次ぎ、アプラスの社内調査で「改ざん事例が24件見つかった」としながらも、その原因究明がなされていないだけに、金融庁調査の意味するところは大きい。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング