幸せの国ブータン 詐欺スキャンダルの呼び水となった「30万人計画」【コロナ禍が生む「嫌日外国人」】

日刊ゲンダイDIGITAL / 2020年7月9日 9時26分

【コロナ禍が生む「嫌日外国人」】#18 安倍政権の成長戦略「留学生30万人計画」が招いた悲劇の一例を紹介してみよう。 2017~18年にかけ、人口約80万のブータンから700人以上もの若者が来日、日本語学校へ入学した。ブータン政府が進めた日本への留学制度「学び・稼ぐプログラム」による来日だった。 ブータンといえば「幸せの国」だが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング