写真

ジャーナリストの李東埼(リ・トンギ)氏(C)日刊ゲンダイ

6月16日に南北の共同連絡事務所を北朝鮮が爆破した映像は衝撃的だった。さらには金正恩朝鮮労働党委員長の妹である金与正が韓国に対して「恥知らず」など激しい批判を浴びせるコメントもインパクトを与えた。 「私も今回の北朝鮮の怒りのすさまじさの原因がどこにあるのか疑問に思い、あらためて考えました。この2年間溜めてきた怒りがついに爆発したということです。北朝鮮は文在寅大統領を見限ったのです」 そう話すのは朝鮮半島問題を数十年ウオッチしているジャーナリストの李東埼(リ・トンギ)氏。李氏は北朝鮮という国をどのように読み解いているのか。 ――2年間なにが溜まっていたのでしょうか。 「2018年4月と9… [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング