写真

緊急事態宣言下の浅草は閑散と…(C)日刊ゲンダイ

米大手投資会社のブラックストーン・グループは、新型コロナウイルス危機後の訪日外国人旅行者(インバウンド)需要の回復を見込み、日本の観光関連企業への投資を検討する意向を明らかにした。感染拡大で蒸発した需要が、今後2~3年で一定程度回復し得ると想定。医薬品や物流サービスとともに、対日投資で注視する3分野に位置付けた。 5月の訪日外国人数は前年同月比99・9%減の1700人と過去最低となり、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング