写真

国主導の備蓄計画に黄信号(C)ロイター=共同

【プロはこう見る経済ニュースの核心】 安倍晋三首相ののめり込みぶりから“アベガン”ともヤユされる、新型コロナウイルス治療薬候補の「アビガン」(一般名・ファビピラビル)。全国47医療機関を対象に、そのアビガンに関する臨床研究を進めてきた藤田医科大学は先週末、「明確な有効性は確認できなかった」とする最終報告をまとめた。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング