写真

ホットタブと専用のシャワーヘッドを手にする小星重治社長(C)日刊ゲンダイ

(株)ホットアルバム炭酸水タブレット小星重治社長 今でこそ話題の入浴剤「ホットタブ」をつくっている会社の社長だが、成功まではいばらの道の連続だった。 14年前、コニカミノルタの特別顧問を退任し、62歳で人生再出発。自ら開発した画像管理ソフトを販売する「ホットアルバムコム」という会社を設立した。 「社名にもした『ホットアルバム』というソフトは、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング