写真

(左から)桑田真澄一軍投手チーフコーチ補佐と阿部慎之助二軍監督(C)日刊ゲンダイ

巨人がOBの桑田真澄(52)を一軍投手チーフコーチ補佐として招聘することになり、波紋が広がっている。 「全権」を担う原監督は12日の会見で「野球人として人間力、生きざまに興味がある。すごく勉強になる人」と説明した。 東大大学院でも学んだ経験から、技術、理論などを投手陣に伝える役割を担う桑田も腕を撫す。野球界全般で「常識」とされてきた走り込みや投げ込みなど旧態依然の練習法を排除し、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング