何に使うの! キヤノンが手のひらに収まらない約20cm角の巨大CMOSセンサーを開発

GIZMODO / 2018年6月21日 12時45分

Image:©CanonInc.viaキヤノン なんじゃこの巨大さ。僕たちが普段使っているカメラには、1インチやフォーサーズ(4/3インチ)、あるいはフルサイズ(35mm)のセンサーが入っています。しかし今回キヤノンが開発したのは、度肝を抜く約20cm角という世界最大、超高感度のCMOSセンサーです。CMOSセンサーはウエハーという素材から切り出すのですが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング