写真

なぜ地中13.5mに巨木が!? 太古の神秘に触れられる「三瓶小豆原埋没林」を訪ねた

島根県の中央部に位置する大田市。こちらで1998年に日本の自然史に関わる大きな発見がありました。今から約4000年前、縄文時代の頃の森林が、噴火によりまるごと火山灰に埋まってそのまま地中に残っていたのです。その事実が判明したのは、’83年に出現した1本の杉の巨木でした。 現在、日本全国で一般公開されている埋没林は3カ所。太田市の埋没林がほかのふたつと大きく異なるのが、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング