写真

ネイキッドもフルカウルもスポーティに進化したホンダ「CB650R」&「CBR650R」

250cc、400cc、そして750cc。そんな日本の車検や免許制度に根ざした排気量が染みついた身には、最近の110ccや600cc、650ccという数字を見ると、なんとなく座りが悪い気がします。 いうまでもなく、アジアや欧米のマーケットに合わせた排気量で、というか、今や主流は圧倒的にそちら。違和感を感じるのは「“昭和”の感覚に過ぎない」と頭では分かっているんですが…。 ホンダが「CB650F」と「CBR650F」をモデルチェンジし、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング