写真

今なら9割の株は上がるため、全部申し込んでおけばいいとまでいわれるIPO。だが「やさしいIPO株のはじめ方」を運営する竹内弘樹氏は徹底的な研究をもとに法則性を提示する。 ◆IPO専門サイトや格付け機関の情報を利用する 「IPO株はバブル期のようにどれも初値が公募価格を上回っています。しかしふたを開けてみたら損していたということもあるので研究して優良株を選別しておくと勝率がさらに上がります。個人的な判断だけではなく、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング