中米グアテマラ、火山噴火で3つの村が全滅。貧しい国を襲った大災害

HARBOR BUSINESS Online / 2018年6月9日 15時54分

中米グアテマラで5月3日からフエゴ(Fuego)山の噴火が続いている。7日の現地紙『PrensaLibre』は<99人の死亡、200人余りが行方不明>と報じた。 標高3763mのフエゴ山はグアテマラの首都グアテマラ・シティーから南西に35km離れた所に位置している火山である。 ◆南北アメリカ大陸でもっとも貧しい国 グアテマラは南北アメリカ大陸で最も貧しい国のひとつである。グアテマラの人口1120万人の56%が貧困層で、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング