写真

首相官邸Web Siteより

今月カナダで行われたG7(先進7か国)首脳会議。「トランプ米大統領対欧州勢」という構図が印象的だったが、国内の一部報道では、トランプ米大統領やドイツのメルケル首相が「シンゾー」と親しげに助言を求める姿や、北朝鮮関連の議論を主導したと強調され、安倍がアメリカと欧州の調整役を果たし、八面六臂の大活躍だった!バンザイ!とでも言うような論調が報じられると、SNSの右派クラスタを中心に拡散。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング