写真

Photo: Arno Mikkor (EU2017EE) via flickr (CC BY 2.0)

EUに君臨する女王、メルケルの牙城がついに崩れるか!?という危機が迫っていたが、メルケルが巧みな戦略でそれを見事に回避した。 70年続いているドイツのキリスト教民主同盟(CDU)とキリスト教社会同盟(CSU)の連携が難民問題で崩れる可能性が生まれていたが、7月1日の夜CSUのゼーホーファー党首兼内相はメルケル首相との協議で合意に至ったと発表したのだ。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング