写真

ダムの決壊で村が水没、家の屋上に避難した住民たち。(写真/時事通信社)

◆ダム建設に韓国企業が加わっていたことで、韓国叩きの“燃料”に 今年7月、東南アジアのラオスで起きたダム決壊事故。メコン河の支流セコン川水系に建設中のセピアン・セナムノイ・ダムの貯水池に設置した補助ダムが崩壊し、あふれ出た膨大な水が下流の6の村を直撃。のべ13の村が浸水する大惨事となった。 現地報道によれば、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング