写真

天牛堺書店の創業の地にあった津久野店

Contents1相次ぐ老舗大手書店の経営危機2消えた大阪の地場大手「天牛堺書店」3複合書店の先駆け的存在――全国大手の「文教堂」も経営再建に42008年から経営再建を実施していたが……5苦境に陥る「近郊の沿線書店」――大都市近郊でも「書店ゼロ」エリアが6厳しさ増す大都市圏沿線の中規模書店 ◆相次ぐ老舗大手書店の経営危機 地方のみならず都心地域でも「書店の閉店」が目立つようになってきた昨今であるが、そうしたなか東西の大都市を拠点とする「老舗大手書店」の経営問題が相次ぎ報じられた。 その1つが1月に経営破綻して廃業した関西の老舗「天牛堺書店」(大阪府堺市南区)、そしてもう1つが7月から私的… [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング