写真

Photo by Win McNamee/Getty Images

米国テキサス州のメキシコとの国境都市エル・パソ(ElPaso)で8月3日に起きたメキシコ人を標的にしたセミオートマティック銃による乱射事件で22人が殺害されたのを切っ掛けに、米国のヒスパニック移民の間で「いい加減にしろ。もう大人しくしているのは御免だ」として彼らはトランプ大統領の差別的な移民対策に正面から対抗して行く構えを見せるようになっている。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング