写真

ビーガン向けのオーガニック・ファーストフード店でも「ミートレス」ハンバーガーを販売。料金はホンモノの肉のハンバーガーより割高だが、人気は上々だ 写真/時事通信社

◆匂いも味も本物そっくり!?米・ミートレス革命最前線 ベジタリアンやビーガンを揶揄するような言説も日本では珍しくないが、いま、アメリカでは動物由来の食材や成分を使わない肉「ミートレス」が急速に広まっている。ビーガンやベジタリアンが食べていた“フェイクミート”と違い、「ミートレス」ミートは焼けば血がしたたり、見た目も匂いも肉そのもの!?バーガーキングの「インポッシブルワッパー」が大人気となり、ケンタッキーフライドチキンが試験販売した「ビヨンド・フライド・チキン」はたちまち売り切れた。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング