写真

サムットプラカン県のある寺の祭りは街中に出店が登場し、深夜まで騒音が続く

除夜の鐘を中止にしたり、時間を変えて行う寺院が増えていると、昨年12月に入って日本で報道があった。近隣住民の苦情に配慮してのことだが、果たしてどれだけの人が除夜の鐘を苦痛に思っているのか。ネットなどではたくさんの議論が交わされたようだが、結局中止を決めた寺院は予定通り中止したようである。 ◆タイでもあった「鐘」騒動 実は2018年10月ごろにもタイで似たようなことがあった。しかし、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング