【Bリーグ】大阪エヴェッサでクラスター化疑い…選手1人陽性、計10人が体調不良訴え

スポーツ報知 / 2020年4月3日 6時0分

バスケットボール・B1リーグの大阪エヴェッサは2日、選手1人に新型コロナウイルスの陽性判定が出たと発表した。当該選手は入院中で、プライバシー保護のため名前は公表されていない。Bリーグの感染者は初めて。チーム内では当該選手を含め、選手、スタッフら10人が体調不良を訴えており、集団感染の疑いも出てきた。関西のプロスポーツではプロ野球・阪神、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング