【巨人】死去から10年、木村拓也さんヒストリー 緊急捕手、34歳で入寮…色あせない思い出

スポーツ報知 / 2020年4月7日 19時37分

2010年4月7日、巨人1軍コーチだった木村拓也さんが、くも膜下出血のため37歳の若さで亡くなってから7日で10年となった。木村さんは2010年4月2日の広島戦(マツダスタジアム)の試合開始直前、シートノックを打っている途中に突然、倒れて意識不明で救急搬送。同7日にこの世を去った。スポーツ報知巨人取材班のツイッターには、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング