ネットでの誹謗中傷、韓国では07年に「インターネット実名制」を導入も…12年に過度な規制による違憲と判断されて廃止に

スポーツ報知 / 2020年5月27日 6時0分

高市早苗総務相は26日の閣議後記者会見で、会員制交流サイト(SNS)で誹謗(ひぼう)中傷を受けていた女子プロレスラーの木村花さん(享年22)が23日に死去したことに関し、インターネット上に書き込みをした投稿者の特定を容易にし、悪意のある投稿を抑止するための制度改正を検討する意向を示した。年内に改正案を取りまとめる方針で「スピード感を持って対応したい」と強調した。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング