協会員約900人は全員「陰性」 八角理事長は「7月場所に向けて稽古に専念できる環境が整った」

スポーツ報知 / 2020年7月6日 17時41分

日本相撲協会は6日、協会員約900人に実施した、新型コロナウイルスの感染歴を調べる抗体検査の結果を公表した。検査結果の概観によれば、相撲部屋44部屋に所属する協会員891人のうち、抗体陽性者は5人。そのうち4人にはPCR検査を実施し全員陰性で、残りの1人に関しても「抗体の力価は高く、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング