【ヤクルト】井野卓の押し出し四球で貯金1 スアレスはリーグトップ防御率0・53

スポーツ報知 / 2020年7月7日 22時5分

◆JERAセ・リーグ公式戦中日1―2ヤクルト(7日・ナゴヤD)=延長10回=ヤクルトが、延長戦を制して、貯金1とした。同点の延長10回に3つの四球で2死満塁のチャンスを作ると、9回裏の守備から出場していたプロ15年間でわずか9打点だった井野卓捕手(36)が、押し出し四球を選んで勝ち越した。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング