青学大の原監督が新宿区の「コロナ見舞い金」に疑問

スポーツ報知 / 2020年7月9日 14時59分

今年の第96回箱根駅伝(1月2、3日)で2年ぶり5度目の優勝を果たした青学大の原晋監督(53)は9日、TBS系の情報番組「ひるおび!」にリモート出演し、ホストら繁華街の関係者を中心に新型コロナウイルスの感染者が増えている東京・新宿区が感染が確認された区民に10万円の見舞い金を支給することに決めたことについて疑問を呈した。「(感染した人に)見舞い金を払うのではなく、ホストの皆さんの(感染対策の)努力の成果、3か月間、ゼロでした、という形で奨励金を出した方が前向きの対策になると思います」と主張した。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング