【阪神】最下位脱出の矢野燿大監督がプロ初ホールドの馬場を絶賛「大きな一つのカード」一問一答

スポーツ報知 / 2020年7月14日 22時10分

◆JERAセ・リーグ公式戦阪神6―3ヤクルト(14日・甲子園)阪神がシーソーゲームを制し、中日を抜いて5位に浮上。今季初めて最下位を脱出した。打線は12安打で6点を挙げると、先発・秋山も6回3失点と粘りの投球を見せた。守護神・藤川不在の救援陣も無失点リレーでつないだ。矢野燿大監督(51)は7回をピシャリと抑え、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング