写真

学内に掲示してある薬物乱用防止啓発ポスターを掲げる東海大・内山教学部長(カメラ・泉 貫太)

学生野球界に激震が走った。首都大学野球連盟の名門・東海大硬式野球部の複数の部員が、寮内で大麻の疑いがある違法薬物を使用していたことが明らかになった。17日、神奈川・平塚市の同大学湘南キャンパスで緊急記者会見を開いた山田清志学長(65)は、同部の活動を無期限停止にしたことを発表した。大学球界屈指の強豪に、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング