写真

9回、戦況を見つめる原辰徳監督

◆JERAセ・リーグ公式戦DeNA10―6巨人(18日・横浜)巨人が5点差逆転負けを喫して連敗となった。5―0の7回、先発の畠が先頭から3連打を浴びて1失点し、なお無死一、三塁で高梨に継投。ここまで抜群の安定感を誇ってきた左腕だが、代打の代打・伊藤光の適時打の後、さらに無死満塁から梶谷に逆転満塁本塁打を浴びた。8回には桜井が4失点して2ケタ失点で敗れた。試合後、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング